Loading...

ご案内


2019.02.02

2月2日は「主の奉献」を祝います。

 イエスの降誕(クリスマス)から40日目にあたる22日、カトリック教会では「主の奉献」を
祝います。
 イエスの両親、マリアとヨセフが、「初めて生まれる男子は皆、主のために聖別される」
(出エジプト記
1312節)という旧約の律法に従って、幼児イエスをエルサレムの神殿で
神に捧げたことを記念する日です(ルカ福音書
222節~40節参照)。
天使園では、今では教会でほとんど見られなくなった伝統的な典礼儀式、「光の行列」を行って、
この日を祝います。
まだ薄明かりの冬の早朝、司祭によって祝福されたロウソクを手に、賛美歌を歌いながら聖廊下(回廊)を行列して巡ります。
 続いてミサの中で、私たちも神殿で捧げられたイエスに倣い、神に自らを捧げて生きる私たち自身の奉献を新たにするしるしとして、このロウソクを捧げます。

キリストの光が、この世界とすべての人の心を照らしてくださいますようにと願いながら・・・。

諸国の民の光 キリストよ、救いの希望をこの世界に   (「教会の祈り」より)