Loading...

ご案内


2021.01.01

新年おめでとうございます

新年おめでとうございます

お一人おひとりの新しい歩みの上に、豊かな恵みと祝福がありますように。

カトリック教会では、1月1日に神の母聖マリアの祭日を祝います。
またこの日を「世界平和の日」として定めています。

新しい年に入っても、世界中で感染拡大が止まらない新型コロナウイルスは、
私たちの日常生活のあらゆる面に多大な影響を与え続けています。

感染拡大を防ぐために、私たちは他の人と距離を取り、
マスクを着けて生活をすることが当たり前になりました。

その中で学んだことがあります。
それは、私たちが自らの感染を防ぐためには、他者の感染を防ぐ必要があること、
他者を守ることが、自らを守ことであり、
自らを守ることは、他者を守ることにつながっている、ということです。


離れているからこそ、相手のことを思い、
マスクのために表情がわからないからこそ、相手のことを慮ること・・・。

私たちには小さなことしかできませんが、
このような小さなことの積み重ねが、
家族、地域の人といった身近な人から、ひいては、国家、
人類、地球といった、
私たちの大切なものすべてを守っていくことにつながっていくことを信じて、
2021年という新たな年を、この世界を救い、いやしておられるイエスを見つめながら、
イエスと共に歩みたいと思います。


幼子イエスが、距離を取らざるを得ない人と人との間を、
また、国境が閉鎖され、分断されている国と国の間を、
その愛と平和で満たし、結んで、一致させ、ひとつにしてくださいますように。


神の母聖マリアが、平和を祈るすべての人、
他者のために自分を与えて働くすべての人に寄り添い、

支えてくださいますように。