Loading...

ご案内


2021.02.17

四旬節が始まりました。

四旬節が始まりました。

「イースター」として知られているイエス・キリストの死からの復活という出来事を祝うために、
教会は、四旬節と呼ぶ40日間の準備期間を過ごします。

この期間中私たちは、私たち一人一人を、「大切な人」として、
ご自分の命と引き替えに救ってくださったイエス・キリストの愛に倣うために、
自分の生活をふり返り、小さな努力をします。

 
教会は特に、愛の業:特に飢えている人々、苦しむ人々、
必要品にも事欠く人々と
共に生きるように、
食物の節制や、施し、ささやかな自己の節制を勧めています。


四旬節が始まる灰の水曜日に教会では、
回心のしるしとして頭か額に灰をかける「灰の式」という典礼があります。
今年の四旬節は2月17日から始まりましたが、
この日の
ミサ(聖体祭儀)の「灰の式」で、私たちは1人ひとり司祭から頭に灰を受けました。

また、四旬節期間中、司祭はミサ(聖体祭儀)のときに、
償い、回心、節制を表す
紫色の祭服を着用します。